top of page

石原の家

更新日:4月15日

所在地:滋賀県蒲生郡

主要用途:一戸建て住宅

家族構成:夫、妻、子供

延床面積:1階 81.56㎡ 

     2階 40.57㎡

合計: 122.13㎡

坪数: 36.94坪

UA値(外皮平均熱貫流率):0.55 W/㎡K



【設計のポイント】テーマは大屋根のある家


敷地は母屋に隣接しており、母屋との間の東側におばあさんの畑があり、

畑仕事をしているおばあさんと交流がしたいということで、

畑に面してリビングを設け、その部分を大屋根とすることで、

勾配天井で解放感のある空間としました。


仕事柄、在宅ワークもあることから、環境のいいスペースに書斎を配置。

仕事をしながら外の様子もうかがえ、

子供さんも一緒に勉強ができるよう長いカウンターを設置しました。


寝室は1階に設け、将来1階だけで過ごせる間取りとしました。


 2階は子供部屋で階段ホールにベンチと本棚を設置し、

書斎コーナーを設けました。


構造材に一部滋賀県産材を使用。

内外装にも滋賀県産の羽目板や無垢材を使用し、木の温もりが感じられる住宅としました。



【お施主様のご要望】

・大屋根のある家がいい。

・東側の畑が見えるようにしたい。

・車を並列で4台停めたい。縦列にならないようにしたい。

・在宅ワークがあるため広い書斎が欲しい。

・1階に寝室とファミリークローゼットが欲しい。

・シューズクロークが欲しい。

・リビングにピアノを置きたい。



【施工写真】



~外観~

大屋根が特徴の外観。

景観に配慮し屋根は平板瓦葺き、

外壁は吹付塗装、一部羽目板張りとしました。


木製の玄関ドアが羽目板張りと馴染み、

より温かみのある印象になりました。




~ダイニングキッチン~

天井は羽目板張り、床は無垢フローリングでキッチンカウンター、

テーブルを造作としました。

カップボードは全体の雰囲気に合うよう造作家具としました。




~リビング~

勾配天井で吹き抜けており、コンンパクトながら開放感のある空間としました階段ホールにリビングの様子がうかがえるよう小窓を設けました。リビングの天井と壁の一部を羽目板張りとしました。




~(左)書斎~

広いカウンターと背面には大容量の棚を設置。

勾配天井は羽目板張りとし、落ち着いた書斎となりました。


~(右)2F階段ホール~

ベンチと本棚を設置して小さな書斎コーナーを作りました。




~玄関~

玄関横にはシューズクロークを設け、玄関収納を無垢材で作成しました。





Comments


bottom of page